冷蔵保存できる作り置き!主婦が週末に作る簡単おかず6品まとめ

3 min

いらっしゃいませ!やけぽべです。

自分はフルタイムではないですがパート主婦として一応働いてる身ということで、労力と時間を少しでも減らすため、週末に冷蔵保存できる作り置きおかずを作っています!

今回はとある週末に作った冷蔵の作り置きおかず6品をまとめてみました。

料理をする人の味方!普段のおかず作りが少しでも楽になる冷蔵の作り置き

自分の場合は週末に作り置きおかずを作って、冷蔵で3-4日以内に食べ切るようにしています。

それ以降に食べる場合は早めに冷凍保存するか、自分が毒見役になって味と匂いチェックで食べるか否かを判断しています。

調味料の配合は基本目分量で味見しながら調整しているので、分量はだいたいの量を記載していること予めご了承ください。

冷蔵できる作り置き①いんげんのゴマ和え

いんげんのゴマ和え
材料
  • いんげん豆:2パック
  • 味の素:少々
  • 麺つゆ:だいたい大さじ2
  • すりごま:大さじ2-3
作り方
  1. いんげん豆を水洗いして、両端のヘタを切り落としておく。
  2. 沸騰したお湯にいんげん豆を入れ、しんなりするぐらい茹でる。
  3. ザルにあげて水気を切る。
  4. いんげん豆を一口サイズに切り、調味料を加えて和えたら完成!

業務スーパーの値引き野菜コーナーにあったら作る、冷蔵作り置きおかず。

食卓はもちろんお弁当のおかずとして彩りの緑色担当をしてくれるので、あると嬉しいおかずだったりします。

後日、業務スーパーで見かけた時に改めて値段とか見てたら、野菜名が「いんげん豆」じゃなかったので、正しくは「いんげんっぽい豆のゴマ和え」。

冷蔵できる作り置き②小松菜のナムル

小松菜のナムル
材料
  • 小松菜:2株
  • 香味ペースト:3-4cmぐらい
  • 醤油:小さじ1
  • ごま油:小さじ1
作り方
  1. 小松菜を水洗いする。
  2. 沸騰したお湯に、根本から小松菜を入れて全体がしんなりするぐらい茹でる。
  3. ザルにあげて、小松菜を流水で冷やす。
  4. 小松菜の根本は切り落とし、一口サイズに切る。
  5. 調味料と小松菜を和えたら完成!

ベランダにてプランターで種から育てた自家製小松菜を使った、作り置きおかず。

小松菜は和え物にも炒め物にしても美味しい、かついんげん豆と同様に料理の彩り要員にもなってくれる優れ野菜なので、常備野菜の仲間入りを検討中です。

個人的に葉物野菜は賞味期限が短い気がしているので、冷蔵保存でも早めに食べきるようにしています。

冷蔵できる作り置き③大根の漬物

大根の漬物
材料
  • 大根:1/5ぐらい(長さで言うと10cmぐらい?)
  • 砂糖:大さじ10
  • 塩:大さじ2
  • 酢:50cc
  • 輪切り唐辛子:お好み(自分はひとつまみ)

作り方
  1. 皮を剥いた大根をいちょう切りにする。
  2. 調味料を混ぜ合わせて、漬け液を作る。
  3. タッパーに切った大根と漬け液を入れ、数日漬けたら完成!

こちらはクックパッドのぽぽたんこぶさんのレシピを参考にして作った、作り置きおかず。

大根のサイズがレシピのサイズと違ったり、砂糖の量に恐れおののいてしまい分量を自分流にしてしまったのですが、美味しくできました!

自分が作った分量だと漬物が大量にできてしまったので、作る際はもうちょっと大根の量を少なくすると丁度いいかなと思います。

冷蔵できる作り置き④大根と人参のきんぴら

人参と大根のきんぴら
材料
  • 大根:5cmぐらい
  • 人参:5cmぐらい
  • 料理酒:小さじ2
  • みりん:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • 醤油:大さじ1.5ぐらい
  • 一味:お好み
  • いりごま:大さじ1ぐらい

作り方
  1. 大根・人参を同じ大きさ・細さの細切り気味に切る。
  2. フライパンに油を入れ、大根と人参に軽く火が通るぐらい炒める。
  3. いりごま以外の調味料を加えて、汁気がなくなるまで炒め煮にする。
  4. いりまご入れて軽く炒めたら完成!

大根を煮物以外で消費する時の定番になりつつある、作り置きおかず。

大根や人参は根菜で日が通りにくいため、なるべく細切りにして調理時間を短縮できるようにしています!

人参は料理に何かと使うことが多い・毎度皮むきして切るのが面倒なので、我が家では予め細切りで冷凍ストックして使うことが多いです。

冷蔵できる作り置き⑤豚肉のピリ辛高菜炒め

豚肉のピリ辛高菜炒め
材料
  • 豚肉:拳より少し少ないぐらいの量
  • 高菜(ピリ辛め):お好み(自分はティースプーン3杯分)
  • オイスターソース:小さじ1
作り方
  1. フライパンにごま油を入れ、豚肉を軽く炒める。
  2. 高菜を加えて、全体的に火が通るまで炒める。
  3. オイスターソースを加えて、汁気がなくなるまで炒めたら完成!

九州物産展でゲットしたピリ辛高菜を使った、作り置きおかず。

豚肉とオイスターソースを炒めるだけでも美味しいのですが、高菜の食感+ピリ辛な味がアクセントになってご飯のお供にはぴったりですよ!

味付け的にノーマルの高菜よりもピリ辛な高菜の方が相性が良いかなと思います!

冷蔵できる作り置き⑥じゃがいもの煮物

じゃがいもの煮物
材料
  • じゃがいも:3つ
  • 醤油:大さじ3ぐらい
  • みりん:大さじ3ぐらい
  • 砂糖:大さじ3ぐらい
  • だしの素:小さじ1ぐらい
  • 水:じゃがいもが浸るぐらい
作り方
  1. 皮を向いて芽をとったじゃがいもを大きめの一口サイズに切る。
  2. 最低5分ぐらい切ったじゃがいもを水に浸けておく。
  3. 鍋に油を入れ、水気を切ったじゃがいもを軽く炒める。
  4. じゃがいもの縁が軽く透けるぐらい炒めたら、水と調味料を加えて軽く混ぜる。
  5. 落し蓋をして、中火で15-30分ぐらい煮る。
  6. じゃがいもに竹串もしくは箸を刺して、スッと刺さるぐらいの柔らかさになったら完成!

じゃがいもを消費したい+甘じょっぱい味付けで食べたい時にぴったりな、作り置きおかず。

味は肉じゃがのじゃがいもとほぼ同じで、調味料を入れてちょっとしてからこまめに味見して味の微調整をしています。

じゃがいもが大好き・煮物大好きな自分は、これだけで1日のご飯は乗り切れる自身があります!

煮物は冷える時に味がより染み込むので、冷蔵保存の作り置きにはもってこいですよ!

冷蔵できる作り置きを駆使して、料理の手間暇をちょっとでも軽くしてみませんか?

今回は我が家のとある週末に作った冷蔵の作り置きおかず6品を、レシピ付きでまとめてみました!

目分量でざっくりしているので、今後はもうちょっと明確な分量になるように計って、自分の備忘としてブログにまとめていければなと思います。

また、今回の作り置きおかず作りを動画にしてYouTubeに投稿してみたので、お時間ある際はそちらも観ていただければ幸いです!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

感想やアドバイス等ありましたら、コメントいただけると嬉しいです!

Instagram[料理アカウント](たぴとべのお弁当や普段の料理を載せたりしています。)

Instagram[家庭菜園アカウント](家庭菜園の野菜たちの成長過程を載せています。)

Twitter(日常の何気ないことをつぶやいてます。)

やけぽべ

やけぽべ

田舎育ち新米主婦

ギリギリ近畿地方の田舎で生まれ、現在京都で暮らす新米主婦。
数字・論理思考が苦手な、感情直感型人間。
一応エンジニア・Web系で社会人3年間を過ごし、今はパートをしながら家事・家庭菜園スキルを修行中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です