おうちで梅しごと!初めてお手製梅シロップを作ってみた〜作り方編〜

2 min

いらっしゃいませ!やけぽべです。

梅雨と言えば☔のイメージが強いですが、スーパーに行くと丸く青々とした梅が売られる時期でもありますよね。

私は今まで梅を使った料理は作ったことがなかったのですが、先日You Tubeで梅シロップでうめサイダーを作る動画に感化されて、初心者ながらに梅シロップ作りに挑戦しました。

今回は私やけぽべ流の梅シロップ作りについて書き記していこうと思います。

どうやって作れば良い?お家で作る梅シロップの作り方をご紹介

一言に「梅シロップ作り」と言っても、材料や作り方はたくさんあります。

今回は、動画やWebサイトを見たり母にアドバイスをもらったりして、いろいろな情報を参考にして自分流の梅シロップを作りました。

梅シロップに必要な材料

用意するもの
  • 梅(今回は青梅):1kg
  • 氷砂糖:1kg
  • 果実酒瓶:4リットルサイズ

※1リットル分の梅シロップを作る分量です。

材料だけで言うと、梅と氷砂糖のたった2つだけで、両方ともスーパーで購入しました。

梅はスーパーや地域によって値段が異なるかと思いますが、私は900円弱の青梅:黄色い梅が9:1ぐらいの割合の梅を購入しました。

漬け込む梅によって味わいも違うらしく、青梅だと清涼感がある梅シロップになり、少し熟した黄色い梅だと香り豊かでまろやかな梅シロップになるそうです。

梅シロップの作り方

梅シロップ作りは、最初の漬け込む時の良し悪しが出来上がりにも影響するので、一つ一つ丁寧に行うことが大切です。

梅のヘタを取る

梅にはヘタがついたままになっているので、竹串や爪楊枝を使って全部の梅のヘタを取り除きます。

また、傷んでいる梅がないかどうかもこの時チェックして、あれば取り除くようにしましょう。

ヘタがついたまま漬けてしまうと、完成時の梅シロップにヘタが浮いて混ざってしまうため、時間はかかりますがちゃんとヘタを取り除きましょう。

梅を綺麗に洗う

大きめのボウルに梅を入れ、水をかけ流しにした状態で梅を傷つけないように優しく洗います。

ヘタが付いていた部分は汚れが溜まりがちなので、指の腹を使って綺麗に汚れを洗い流すようにしましょう。

梅の水分を拭き取る

キッチンペーパーもしくは乾いた布巾で、梅の水分を拭き取ります。

梅の表面には小さな産毛のような毛が生えているのですが、拭き取ることでこの毛も綺麗に取り除けます。

梅に水気が残っていると、漬けた時に腐りやすくなってしまうため、できる限り水気がない状態にしましょう。

果実酒瓶を煮沸消毒する

沸騰したお湯を果実酒瓶にかけ、瓶全体にお湯が行き渡るようにして煮沸消毒します。

煮沸消毒後、瓶の中に水気が残らないように綺麗に拭き取るようにします。

氷砂糖と梅を交互に果実酒瓶に入れる

果実酒瓶に、氷砂糖と梅を交互入れて層になるようにします。

全部の梅が漬かるように、層の一番上が氷砂糖になるようにするとベストです。

果実酒瓶を冷暗所で保管する

戸棚の中やシンクの下など、常温の冷暗所にて果実酒瓶を保管します。

1日1-2回程度、果実酒瓶を大きく回して溶けてきたシロップが梅に行き渡るようにします。

梅と氷砂糖を一度に漬けると発酵しやすい状態になるため、なるべく早く梅エキスを抽出し氷砂糖を溶かすためにも、1日1-2回の果実酒瓶を回す作業は怠らないようにしましょう。

以上が、私が今回作った梅シロップの作り方です。

作る際の注意ポイントをコメントとして追記していますので、参考にしていただけると幸いです。

特に、一番最後の果実酒瓶を回す作業は大切というのを追々私自身が痛感します😓

梅シロップ作りでゆっくり時間をかける楽しみを味わってみませんか?

今回は梅シロップ作りの仕込み編をまとめてみました。

私の場合は、生の梅をそのまま氷砂糖と一緒に漬け込みましたが、一晩梅を冷凍してから漬け込む方法もあったり、粉砂糖以外で漬け込む方法もあるらしいです。

「梅シロップ」と言っても、作り方や環境によってそれぞれ味わいや香りなどが違い、個性が出るのも梅シロップ作りの楽しさだと思います。

次回は、熟していく梅シロップの過程をご紹介します。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

感想やアドバイス等ありましたら、コメントいただけると嬉しいです!

YouTube(料理やVlogなどゆるく動画投稿始めました。)

Instagram[料理アカウント](たぴとべのお弁当や普段の料理を載せたりしています。)

Instagram[家庭菜園アカウント](家庭菜園の野菜たちの成長過程を載せています。)

Twitter(日常の何気ないことをつぶやいてます。)

やけぽべ

やけぽべ

田舎育ち新米主婦

ギリギリ近畿地方の田舎で生まれ、現在京都で暮らす新米主婦。
数字・論理思考が苦手な、感情直感型人間。
一応エンジニア・Web系で社会人3年間を過ごし、今はパートをしながら家事・家庭菜園スキルを修行中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です