手作りおつまみ9品!下戸な主婦がおうち居酒屋料理を作ってみた

3 min

いらっしゃいませ!やけぽべです。

酒豪な夫氏とほろ酔いで泥酔する下戸な自分という、アルコール耐性がアンバランスな我が夫婦。

今回は、そんな下戸な自分がお酒の肴として作った手作りおつまみ9品をご紹介します!

お酒がなくても美味しく食べられる!おうちで作れるおつまみメニュー

夫氏のオンライン飲み会が2日間開催されたので、今回はその時に手作りで作ったおつまみを厳選してみました。

おつまみと言いつつも、下戸な自分の夜ご飯のおかずでもあったのですが、どれも美味しくできたので献立づくりの参考にしていただければと思います!

手作りおつまみ料理①【メイン】豚平焼き

豚平焼き

鉄板焼き屋さんに行ったらかなりの頻度で注文しちゃうおつまみ、豚平焼き。

キャベツと豚肉を卵で包み込むのがなかなかにハードルが高かったですが、卵で挟み込むようにしてフライパンからお皿に移して、あとはソースや鰹節で誤魔化せば大丈夫でした!

キャベツを多めにして作ったのでボリュームがありつつもヘルシーなので、ダイエット中に食べるのも良いなと思いました。

キャベツは水分を多く持っているので、キャベツと豚肉の味付けで入れる塩コショウは思ってる倍近く入れた方が良いかと思います!

手作りおつまみ料理②【副菜】春雨の酢の物

春雨の酢の物

おつまみ=脂っこい味が濃ゆい系が多いのでさっぱり要員で作った、春雨の酢の物。

春雨がツルンとしているので、サッと口直しをしたい時の副菜としてもよく作ります。

我が家では春雨・ハムの組み合わせで酢の物にすることが多いのですが、きゅうりを入れることで緑の彩りがあって見た目も良いのでおすすめです!

お酢ベースの調味料が食材とよく絡むように、すりごまは必須!

手作りおつまみ料理③【副菜】山芋ステーキ

山芋ステーキ

すりおろす以外の可能性を感じたおつまみ、山芋ステーキ。

山芋の皮を向いて輪切りに切り、フライパンでバターと一緒に焼くだけでできちゃうお手軽料理!

火を通すことで生で食べる時とは違うシャクシャク感が癖になって、お酒のお供としてもぴったりな一品です。

食べる時にわさびをちょっとつけて食べると、味変にもなっておすすめですよ。

手作りおつまみ料理④【メイン】新玉ねぎの豚肉巻きリング

新玉ねぎの豚肉巻きリング

新玉ねぎと豚肉を使ったジューシーなおつまみ、新玉ねぎの豚肉巻きリング。

新玉ねぎを輪切りにして豚バラスライスを巻きつけ、塩コショウ・マキシマムで味付けしたら小麦粉をうっすらつけて焼くだけ。

焼くことで甘みが増す新玉ねぎと豚バラのジューシーさが最高で、おつまみとして食べてた夫氏にも高評価でした。

焼く前の味付けを塩コショウだけにして、焼いてる時に醤油・酒・みりんで調合した調味料もしくは焼肉のタレで味付けしても美味しいと思います!

手作りおつまみ料理⑤【副菜】ナスのみぞれ浸し

ナスのみぞれ浸し

しんなりしたナスに味が染み込んで美味しいおつまみ、ナスのみぞれ浸し。

油を吸ったナスを大根おろしの辛みがいい感じ調和してくれて、和風な味付けをさっぱり美味しく食べられるのが嬉しい一品。

ご飯のおかずとして食べる時は、ナスだけで作って副菜にしたり、お肉を入れてジューシーさとボリュームがあるメインにしても良いかなと思います。

大根おろしは一度に大量に作っておいて、余ったらジップロックに入れて平にした状態で冷凍しておくと次に使う時楽なので是非試してみてください!

手作りおつまみ料理⑥【副菜】鶏皮ポン酢

鶏皮ポン酢

鶏肉の脂とポン酢のさっぱり感でいくらでも食べれるおつまみ、鶏皮ポン酢。

鶏皮をフライパンで脂を拭き取りながらひたすら焼いて、ポン酢をかけるだけなのに美味しいですよね。

大根おろしを加えて和えても美味しいかなと思います!

よりさっぱり食べたい時は、鶏皮を茹でて余分な脂を落としてわかめと一緒にポン酢と和えて作っています。

手作りおつまみ料理⑦【副菜】ポテトサラダ

ポテトサラダ

作り手の個性がかなり出やすいかなと思うおつまみ、ポテトサラダ。

いつもはじゃがいもは完全に潰して粗みじんした人参で作るのですが、おつまみ用としてじゃがいもは粗めに潰して塩もみしたきゅうりと新玉ねぎ、角切りしたサラダチキンを入れて作ってみました。

具材を粗めにすることでボリュームも出ますし、噛んだ時に色んな具材の食感や旨味が増してるような気がして美味しかったです!

人参やトマト、ハムやベーコンを入れると赤系の彩りが加わってより見た目が映えるかなと思います!

手作りおつまみ料理⑧【副菜】きゅうりのキムチ漬け

きゅうりのキムチ漬け

ピリッとした旨辛な味付けときゅうりの食感がたまらないおつまみ、きゅうりのキムチ漬け。

KALDIの浅漬けの素(白キムチ)に乱切りしたキャベツを漬けておくだけでできる、スピード料理。

きゅうりはさっぱりした味付けや辛い味付けとも相性が良く、究極生でも食べられるのでサッとおつまみを出したい時には重宝する食材だと思います。

きゅうりを軽く押しつぶしたり叩いてから切って漬けると、味付けをより短時間で染み込みますよ。

手作りおつまみ料理⑨【副菜】新玉ねぎスライス

新玉ねぎスライス

シンプルイズベストな新玉ねぎのおつまみ、やみつき新玉ねぎスライス。

新玉ねぎを薄くスライスして、お好みの調味料(写真のは白だし+ポン酢)をかけるだけで完成なので、手作りと言って良いのかは微妙なラインですが確実に美味しいおつまみ。

普通の玉ねぎより甘みがある分、生で美味しく食べられるので口直し要員としても大活躍です。

新玉ねぎは鰹節との相性も抜群なので、あれば是非かけて一緒に食べてみてください。

お酒が飲めなくてもおつまみを囲んで、楽しい時間を過ごしてみませんか?

今回は下戸な自分が作ったおつまみ9品をまとめてみました。

普段の料理で作っている料理をちょっとアレンジしたようなおつまみから、切ってちょっと料理しただけの時短おつまみばかりですが、いつもより品数を多く作れたので個人的には満足です!

自分の場合は体質的な理由でおつまみを食べながらお酒を美味しく飲むことはできませんが、おつまみを美味しく食べるだけでも楽しかったです。

皆さんもおうち時間でお酒を飲む機会があれば、是非手作りおつまみを作って楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

感想やアドバイス等ありましたら、コメントいただけると嬉しいです!

Instagram[料理アカウント](たぴとべのお弁当や普段の料理を載せたりしています。)

Instagram[家庭菜園アカウント](家庭菜園の野菜たちの成長過程を載せています。)

Twitter(日常の何気ないことをつぶやいてます。)

やけぽべ

やけぽべ

田舎育ち新米主婦

ギリギリ近畿地方の田舎で生まれ、現在京都で暮らす新米主婦。
数字・論理思考が苦手な、感情直感型人間。
一応エンジニア・Web系で社会人3年間を過ごし、今はパートをしながら家事・家庭菜園スキルを修行中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です