財布に優しくてヘルシー!おうちで作る鶏胸肉を使ったご飯メニュー7選

3 min

いらっしゃいませ!やけぽべです。

おうちご飯は外食よりも食費が抑えられるものの、何も考えず作っていると食費も馬鹿にならないですよね。

そのため、我が家ではお肉を買う際は鶏胸肉を重宝しているのですが、今回その鶏胸肉でよく作るメニューをまとめてみました!

茹でても揚げても美味しい!鶏胸肉を使ったおうちご飯メニュー

鶏胸肉は脂肪分が少ないため、淡白であっさりしていますが、味わい深いのが魅力的ですよね。

今回は鶏胸肉を使ったメニューを主菜4品、副菜3品に厳選してみました。

【主菜】鶏胸肉メニュー①水晶鶏

プルプルの食感が癖になる、水晶鶏。

そぎ切りした鶏胸肉を軽く叩いて、塩と料理酒で下味をつけ、片栗粉をまぶしてお湯で茹でるだけで簡単にできる鶏胸肉メニュー。

下味がシンプルなので、絡めるタレはしっかり系やさっぱり系など何でも合うのでアレンジも楽しめるのが嬉しいポイント。

個人的にはシンプルにポン酢でさっぱり食べるのが好きで、食欲がなくてもモリモリ食べられますよ!

【主菜】鶏胸肉メニュー②チキンカツ

実家で食べるカツと言えばこれだった、チキンカツ。

鶏胸肉を叩いて柔らかくし、塩コショウで下味をつけ、衣をまとわせて油で揚げるという、ちょっと工程が多い&揚げるという手間がかかる鶏胸肉料理。

手間がかかる分、カラッと揚がった鶏胸肉のジュワッと溢れる肉汁と旨味は、ガッツリ系おかずの上位にランクインする美味しさがありますよね。

実家では、兄弟がとんかつの脂身が苦手ということもあり、カツ=チキンカツが定番だったのもあって、渡しの場合はある意味実家の味でもあります。

【主菜】鶏胸肉メニュー③厚揚げと鶏肉のみぞれ煮

厚揚げのジューシーさとすりおろし大根と絶妙な組み合わせがたまらない、厚揚げと鶏肉のみぞれ煮。

YouTubeを見漁っている時に厚揚げと鶏肉のみぞれ煮を作っている動画を見て、「美味しそう。作ってみたい!」と思って早速作りました。

鶏胸肉は、煮物系で作るとどうしてもパサパサ感を出してしまっていたのですが、片栗粉をまぶすことでパサパサ感を回避できることを学んだのもこのメニューでした。

大根は冬場だと丸々1本で100円前後で買えることが多いのでよく買うのですが、大根消費メニューとしても優秀だと思います!

【主菜】鶏胸肉メニュー④チキン南蛮

カラッと揚げた鶏胸肉×タルタルソースの組み合わせが最強すぎる、チキン南蛮。

鶏胸肉に衣をつけて揚げるのと、ゆで卵・玉ねぎをみじん切りにするというレベルが高いメニューですが、それ故に食べた時の幸福感や達成感がたまらない一品。

鶏胸肉で作るか鶏もも肉で作るかは好みが出ますが、個人的にはタルタルソースを濃ゆく作るので鶏胸肉のさっぱり具合が丁度いいかなと思っています。

また、我が家では以前KALDIで購入した瓶詰めのピクルスが冷蔵庫に常駐しているので、タルタルソースに入れるのですが、ピクルスの酸っぱさがアクセントになるのでおすすめですよ!

【副菜】鶏胸肉メニュー⑤バジル鶏ハム

バジルの香ばしさと黒胡椒のアクセントが絶品な、バジル鶏ハム。

鶏胸肉を丸々1枚使うメニューで、塩・砂糖・バジル・黒胡椒・オリーブオイルで漬け液を作ってジップロックに入れ、その中に鶏胸肉を入れたら沸騰した状態のお湯に1時間ぐらい入れて待ちます。

待ち時間を入れると長いですが、実際の調理時間で言うと5-10分ぐらいでできるので、時間がある時によく仕込んでおきます。

漬け液に入れることで、鶏胸肉もパサパサせずにしっとり美味しくできるので、野菜が主菜の時の副菜にはぴったりですよ!

【副菜】鶏胸肉メニュー⑥茹で鶏のネバネバ和え

麺に乗っけても良し副菜としても良しな、茹で鶏のネバネバ和え。

鶏胸肉を茹でて細かく割き、納豆とあればきゅうりやトマトを細かく切って、ポン酢もしくはめんつゆ辺りで味付けでできる、我が家ではお手軽メニューになっています。

鶏胸肉の旨味あるさっぱり感と納豆のネバネバ感、そこにめんつゆやポン酢の味付けが加わることでスルスルっと食べやすくなります。

夏場の副菜としてはもちろんですが、そうめんや冷麺の上に乗っけて食べても美味しいですよ。

【副菜】鶏胸肉メニュー⑦よだれ鶏

ネギのシャキシャキ感と辛い味付けが食欲を誘う、よだれ鶏。

一時期SNSでよく見かけて、厚揚げと鶏肉のみぞれ煮の時と同じように「美味しそう。作りたい!」ってことで作ったのがきっかけでした。

作り方としては、バジル鶏ハムの中華風バージョンと言う感じで、塩・砂糖・ごま油で漬け液を作ってジップロックに入れ、その中に鶏胸肉を入れたら沸騰した状態のお湯に1時間ぐらい入れて待ちます。

ここまではバジル鶏ハムと対して差はないのですが、よだれ鶏のミソはネギをたっぷり使ったタレだと思っていて。

白ネギをみじん切りにして、ポン酢・醤油・オイスターソース・砂糖・食べる辣油・しょうが・ニンニクで調合したタレが、茹でた鶏肉と相性が抜群なんです!

我が家ではメインが肉なしの麺(ラーメンやそうめんなど)の時のパンチがある副菜としてよく作ります。

家計に優しくお腹を満たせる鶏胸肉メニューを作ってみませんか?

今回は我が家でよく作る鶏胸肉を使ったメニューを、主菜と副菜に分けてまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

財布に優しいことは主婦にとって嬉しいですが、せっかく食べるなら美味しいメニューの方が作った側も食べる側も笑顔になれるので、そういった料理を今後も作っていければなと思います。

また、豚肉を使ったメニューもまとめていますので良ければ読んでみてください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

感想やアドバイス等ありましたら、コメントいただけると嬉しいです!

YouTube(料理やVlogなどゆるく動画投稿始めました。)

Instagram[料理アカウント](たぴとべのお弁当や普段の料理を載せたりしています。)

Instagram[家庭菜園アカウント](家庭菜園の野菜たちの成長過程を載せています。)

Twitter(日常の何気ないことをつぶやいてます。)

やけぽべ

やけぽべ

田舎育ち新米主婦

ギリギリ近畿地方の田舎で生まれ、現在京都で暮らす新米主婦。
数字・論理思考が苦手な、感情直感型人間。
一応エンジニア・Web系で社会人3年間を過ごし、今はパートをしながら家事・家庭菜園スキルを修行中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です