コレで胃袋を掴み取った!彼氏に好評だった手作りお弁当BEST5

3 min

お疲れさまです!やけぽべです。

長い梅雨もやっと終わりが見えて、京都では2-3日前からセミが鳴き始めていました。

暑くなると食中毒が怖いので、同棲人である彼氏(以下、たぴとべ氏)のお弁当にも保冷剤を入れたり生物を避けたりと気を使うことが増えてきました。

同時にどういったお弁当が良いのかも気になって、今回は実際にたぴとべ氏にアンケートをとり、手作りお弁当ランキングを作ってみたので、そのBEST5をご紹介したいと思います!

作るからには喜ばれる手作りお弁当を!彼氏のリアルな声を聞いてみた

せっかく手作りでお弁当を作るなら、食べてもらう旦那さんや彼氏さんに美味しく食べてもらったり、喜んでもらったりしたいですよね。

そこで今回は、私やけぽべ流のお弁当ルールも合わせて、彼氏であるたぴとべ氏に好評だった手作りお弁当ランキングをご紹介したいと思います。

やけぽべ流手作りお弁当のおかずルール

まずはじめに、私が手作りお弁当を作る時や、献立を考える時に意識しているルールについてです。

おかずの彩りは、赤・黄・緑・茶を基本にする

現時点で、お弁当のおかずは基本4品を入れるようにしていて、大まかに分けて赤・黄・緑・茶の色合いになるように意識しています。

  • 赤:ケチャップや豆板醤、コチュジャンなどを調味料に使ったり、人参やカニカマを使うことが多い。
  • 黄:卵やじゃがいもを使ったおかずがほとんど。
  • 緑:ほうれん草やブロッコリー、ネギを使ったおかず。
  • 茶:甘じょ辛い系の味付けであったり、メインのお肉を使ったおかずが多い。

この4色が揃っていると、全体的に彩りもよく見えて、食材被りを少なくして多くの野菜やお肉などが食べられる気がするためです。

ただ、おかずを作っている時に思った色にならなくて、結果的にお弁当全体が似た色になることもしょっちゅうあります😅

おかずの味付けは可能な限り被らないようにする

ご飯に合う味付けとしては、醤油・砂糖・酒・みりんを使った甘じょっぱい味がお互い好みですが、塩分を多く取りすぎると高血圧になる恐れがあるため、おかずの味付けは可能な限り被らないように意識しています。

(お互い身内に高血圧の家族がいるため、遺伝子的にも高血圧になりやすい可能性があるため)

また、おかずの味付けを被らせないことで最後まで飽きることなくお弁当を食べられます!

とは言え、これも結果的におかずの味付けがほぼ一緒になってしまう、というのも日常茶飯事なので、もうちょっと味付けのレパートリーを増やしたいところです。

彼氏のたぴとべ氏の太鼓判!手作りお弁当BEST5

では、ここからは彼氏であるたぴとべ氏に好評だったお弁当ランキングをご紹介します!

1位 彩りは茶色寄り、味付けは塩気寄りな手作りお弁当

堂々の1位は、早速やけぽべ流手作りお弁当ルールから反しているこちらのお弁当でした。

彩りとしては、ピーマンの緑とウインナーの赤がもうちょっと活きるかと思ったのですが、調味料や他の食材の色に圧倒されて、全体的に茶色寄りの彩りになってしまいました。

味付けも、全体的に塩気がある味付けで、さっぱりやこってりなどの味要因がいないのが反省点です。

ですが、たぴとべ氏曰く「自分好みでご飯が進んで美味しかった」と好評なコメントをもらいました。

2位 彩りルールに則った個人的にベストな手作りお弁当

2位のお弁当は、やけぽべ流手作りお弁当ルールに比較的則っているお弁当。

おかずも、魚・肉・野菜の3要素が入っていてバランスが良く、彩りも赤・黄・緑・茶が綺麗に揃っていて見栄えが良いですね。

マグロの角煮に関しては叔母が作ってくれたおかずを流用したので、完璧な自分手作りと言えないのが惜しいところ。

3位 和風なおかずでご飯が進む手作りお弁当

3位は、里芋のそぼろ煮やほうれん草のおかか和えなど、全体的に和風なおかずだった手作りお弁当。

ランクインの決めてとなった、里芋のそぼろ煮は私が食べたくて作ったおかずだったのですが、煮汁が染みた里芋の旨味がご飯にぴったりな一品でした。

4位 質素な見た目ながらも彼氏好みの味揃いな手作りお弁当

4位は、またまた全体的に茶色寄りな彩りではありますが、味付けは被っていない手作りお弁当。

この頃にわかめ×ポン酢の美味しさに気づいて、ご飯の副菜だけでなくお弁当のおかずとしてもよく入れていました。

5位 彩りバッチリ味付けも好評だった手作りお弁当

5位は、2位と同じくやけぽべ流手作りお弁当ルールに則っているお弁当。

白菜の浅漬けは、葉の部分も加えたことで鮮やかな黄緑の彩りを出してくれて、お弁当全体が美味しそうに見えます。

上位ではない理由としては、「味付けが上位のお弁当のおかずの方が好みだった」とのことで、これは好みの問題もあるので致し方ないですね。

自分流ルールは絶対じゃなくて意識!手作りお弁当はゆるくボチボチが継続の秘訣

いかがだったでしょうか?

今回は、私やけぽべ流の手作りお弁当ルールと彼氏であるたぴとべ氏に好評だったお弁当ランキングをご紹介しました。

私は自分流のルールを設けていますが、ルールは絶対死守ではなく意識する程度で、時には冷凍おかずを使ったり休んだりなど、ゆるくボチボチな感じがお弁当作りを継続する秘訣かなと思います。

「旦那さんや彼氏さんに喜んでもらうお弁当を作るためには、作る側である自分自身が気負いしないこと」が私の持論です。

自分も楽しく相手にも喜んでもらえる、そんな平和な手作りお弁当ライフを過ごしましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

感想やアドバイス等ありましたら、コメントいただけると嬉しいです!

Instagram[料理アカウント](たぴとべのお弁当や普段の料理を載せたりしています。)

Instagram[家庭菜園アカウント](家庭菜園の野菜たちの成長過程を載せています。)

Twitter(日常の何気ないことをつぶやいてます。)

やけぽべ

やけぽべ

田舎育ち新米主婦

ギリギリ近畿地方の田舎で生まれ、現在京都で暮らす新米主婦。
数字・論理思考が苦手な、感情直感型人間。
一応エンジニア・Web系で社会人3年間を過ごし、今はパートをしながら家事・家庭菜園スキルを修行中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です